黙っていても朝がくる

好きなモノにかこまれて生きていきたい。そんなアラサーが身の丈にあったかっこいい人生を夢見て、コーヒーとか音楽とか、あれこれ好きなものについて語っているブログ。

コーヒー屋探訪(その2)

スポンサーリンク

最近行ったコーヒー屋さんまとめ。

夏はコーヒー屋さんにとってオフシーズンといわれてるけど、アイスコーヒーもアイスラテもあるし涼みに飲みに行こう。

モダンコーヒー(鷺沼)

以前、渋谷の国連大学で開催されていた東京コーヒーフェスティバルに出展していたときに知ったお店。ぼくの実家が田園都市沿いなんだけど、まさか近所でスペシャリティ・コーヒーが飲めるお店があるとは。駅から少し歩いた閑静な住宅街にお店はあった。

マットな外装がカッコイイ。東川口に焙煎所があり、そこで店主の方が焙煎している。図々しくもいろいろお話をうかがったが、とても親切に答えてくれた。ありがとうございます、また行きます。ちなみにエチオピアの豆を購入。

f:id:yuzz3104:20160828214641j:plain

▲この時は店内だったが、晴れた日は外でのんびりチルりたい

 SUNNY COFFEE(茅場町・人形町)

茅場町、人形町エリアにあり、一見ビジネス街と思いきや下町の風情も残るなんとも不思議なエリア。その中で路地を入ったところにある自家焙煎コーヒー屋。アットホームな雰囲気で入りやすく、きっと地元の人達もよく来そうな感じ。

ぼくが飲んだナチュラルのニカラグアは、ナチュラルのフルーティーさがありながらまろやかで優しい味。スペシャリティ・コーヒーの酸味もありながら、日本人が好きな深みもある。ぼくはこういう味が好きかも。夫婦でやっておられ、焙煎をしている旦那さんは元々都内の某コーヒー店にいたという。比較的小さい焙煎機だったが、煎りあがった時はフワッと店内に豆のいい香りがした。

thumb_IMG_8228_1024.jpg

▲穏やかなご夫婦で癒される
BLUE BOTTLE COFFEE SHINJUKU(新宿)

言わずと知れたサードウェーブコーヒーの雄ブルーボトル。実はまだ行ったことがなかった。清澄白河がいつもクソ並んでるのは見るけど、新宿はそれほどではないにしても賑わっていた。シングルオリジン(ルワンダ)を飲んだけどおいしかった。(ただ350ccはなかなかボリュームがある)

なによりスタッフの人が親切で、目の前でドリップの様子を見つめて質問するぼくに、丁寧に答えてくれた。ドリップしてくれたおねえさん、ありがとう。それにしても混んでたな。

f:id:yuzz3104:20160828214747j:plain

▲店だけじゃなくて働いてる人みんな小洒落てる

 THE COFFEESHOP ROAST WORKS(駒場東大前)

駒場東大前、代々木上原から徒歩10分強という絶妙な立地からなかなか行く機会がなかったが、そっちの方に用事があったためこれはチャンスだと言わんばかりにピットイン。漆黒の兵器さながらのドイツ・プロバット社の焙煎機(12kg)が鎮座まします店内は、カフェというよりもオシャレな倉庫って感じ。こういうインダストリアルな雰囲気たまらないよね。

贈り物をする機会があったので、SINGLE ORIGIN Special setという3種類の豆が楽しめるギフトセットを購入。豆を挽く環境がある人なら、こういうプレゼントは嬉しいかもね。

f:id:yuzz3104:20160828214849j:plain

▲マットブラックというかっこよさ

 

張り切ってカフェイン摂取していきましょう。