黙っていても朝がくる

好きなモノにかこまれて生きていきたい。そんなアラサーが身の丈にあったかっこいい人生を夢見て、コーヒーとか音楽とか、あれこれ好きなものについて語っているブログ。

地方暮らしをしたいと思うのはどんな人か?

スポンサーリンク

f:id:yuzz3104:20161123191227j:plain

地方移住、田舎暮らし、Iターン、スローライフ…

人口の東京一極集中の反面、こういった地方で「ゆったり暮らしたい願望」がある人々を目にする機会が多くなった気がする。ぼく自身も、そういった願望がないわけじゃない。
確かにネットではイケ◯ヤさんみたいな高知の山奥にいながら稼ぐもの稼いで、優雅に暮らしている(風の)様子を見ると、羨ましくなるのもわかる。だって豊かそうだもん。

それまでは、俺ら東京さ行ぐだ、と言わんばかりに都会に憧れて上京していた時代が(地元には仕事がない、東京には夢があるといった意味では今でも同じかもしれないが)、逆行して田舎で暮らしたいという人が増えてるというのはある意味正常なのか。時代の流れなのか。

地方に移住したい人の頭にはなにがあるんだろうか。

地方に住みたい人=都会ほど人がいる暮らしに疲れた人

地方に住みたい、田舎暮らしがしたい、っていう人はこれがあると思う。

ポイントは、“都会ほど人がいる”ってところ。

ぼくが考えるに、東京に限定して言うけど、東京のこのゴミのようにたくさん人がいるなかで生きることに疲れちゃった人が、もっと人の少ない地方で生きたいな、って考えるのだと思う。

満員の通勤電車に押し込まれながら(ぼくの乗ってる東西線、大江戸線もひどい)朝出勤し、ビジネス街にいる人ならランチタイムはどこにいっても混んでいて、それでいて一食1,000円近くかかる。都会で生きるには金がかかる。
大して広くもない家を借りるのにも高い家賃を払い、都内で家を建てようと思えばかなり稼いで無い限り、周りを見渡すと1階は玄関とガレージしかないほっそい3階建の家が見える。

 ジャパンのトーキョーのアーバンライフはそんなもんだろうし、それでもいい人が住めばいいと思うんだけど、それに疲れてガマンができなくなっちゃう人が地方で生きたいな、って考えるのだろう。

そういう人って純粋な地方で田舎暮らしをしたいというより、東京ほど人が多くなくて程よく都会(例えば福岡とか仙台とか)で生活したいっていうタイプだと思う。

だから自分でもそれを理解せずに、ホントの田舎暮らしをスタートさせちゃうと「んん?やっぱり都会で仕事がしたいな」とか思ってギャップが生じちゃったりするのかも。

地方に住みたい人=オフィスワーク、"都会の"仕事に疲れた人

f:id:yuzz3104:20161123192447j:plain

もう一つの地方に住みたい人のパターンは、"都会の"仕事に疲れた人。

つまりオフィスワーク、都会での会社勤めに疲れちゃった人。

そういう人が「おれ、"都会の"仕事にむいてないから、もっと違うことしたいなあ」って思って、第一次産業とかを調べはじめてやりたくなっちゃうタイプなんだと思う。

 ぼくもいまでこそ東京のサラリーマンをやってるけど、いまの仕事以外で稼ごうと思ったらなにがあるんだろう、ってよく考える。

手に職もないので独立開業も難しいし、かといってまた会社勤め("都会"の仕事)するのも…。とか考えると行き着くのは、後継者不足だから国から助成金が〜とか、脱サラしていまは田舎で農業やって悠々とやっていけてます〜とかっていう話を聞くと、そっちに関心をもつのは不思議じゃないよね。

おう、じゃおれも一旗揚げるか!となる人が地方に住みたくなる人なんだな。

 気持ちはめっちゃわかる

上記のような考えを持ってる人がどれくらいいるのかわからかないけど、めちゃくちゃ気持ちわかる。

なぜならぼくもそう考えるタイプだから。

いまの生活とは場所もスタイルもまったく違うところに、自分とマッチする桃源郷があるのかもしれない、というを地方暮らしに抱いてるんだと思う。
今の生活に疲れてしまって、不満がある人ほど隣の芝は青く見えるもので。

 

けど、地方での生活の実態とかデメリットに目を背けているところもあるかも。
すこし調べると、やっぱり地方には仕事がないとか、第一次産業で成功する厳しさ、田舎コミュニケーションの難しさ、なんていうのがすぐでてくる。
人が少ない分、起業してもビジネスだってうまくいくかわからない。(今ならネットが〜って言われるかもだが)

みんなうまくいけば、こんなに東京に人が集まってないんだもんな。
でも、わかってんだけど、憧れちゃうんだよな。

 

 だからこそ、この東京一極集中の時代だからこそ、「地方に住みたい、都会とは違う生き方をしたい」と思った時にやれる社会だといいよね。
超シンプル、単純に考えて高齢化、過疎化が進む地方があれば、そこに人が住みたいっていう人がいるのはwin-winだと思う。みんなハッピーになれればいい。

ぼくは地方とか田舎に住んだことがないので、そこで生活する難しさを知らない。

地方移住に失敗する人もいると聞くが、失敗とか成功じゃなくて、都会(東京)に暮らしたい人と、地方都市に暮らしたい人、田舎に暮らしたい人とでうまくメリデメをカバーしあって、それこそ住み分けがうまくできるようになればいいなって思うんだけど。

これってやっぱり絵空事なんだろうか。