黙っていても朝がくる

好きなモノにかこまれて生きていきたい。そんなアラサーが身の丈にあったかっこいい人生を夢見て、コーヒーとか音楽とか、あれこれ好きなものについて語っているブログ。

もう暑すぎるので、涼しい部屋で夏を感じるBGMを聴こう

スポンサーリンク

f:id:yuzz3104:20180724235425j:plain

うだるような暑い日が続いています。いかがお過ごしでしょうか。

毎年毎年「夏ってこんなに暑かったっけ?」思っている気がするんだけど、今年は異常な気がしますよね。過去の気温のデータと比較して本当に暑さがひどくなってるのか調べたい気もするのですが、それすらも考えただけで暑いので手が止まってしまいました。

 

『概念としての夏は好き』

夏といえば、最近共感したフレーズがありまして。それは『概念としての夏は好き』というもので、これなんとなくわかりません? 

togetter.com

夏休み、プール、畦道、夏祭り…と聞くと懐かしさとあの頃のワクワク感が蘇ってきて、「やっぱり夏っていいよな〜」なんて思うのですが、実際は今のコレじゃないですか。

いまこんな地獄のような夏に子ども時代を過ごす小学生たちは、10、20年後には何を思い出して夏の楽しさを感じるんでしょうね。焼けるようなアスファルトの匂いとかですかね。

 

耳から夏を感じて楽しむ

少し話がずれましたが、それでも家でもできる夏の楽しみ方として「『概念としての夏』を耳で感じる」というものがあります。

具体的には夏っぽい音やBGMを涼しい部屋で聴くことで、夏のいいイメージだけを吸収するんですね。

家で夏を感じられる音を聴いてくつろぐことで、無理なく夏を楽しむわけです。

以上、それだけです。熱中症になるリスクもなく、お金もかからない!最高!

これだけ暑いので無理にアップテンポの曲なんて聴いてテンションを上げようとしようものなら、暑苦しいし熱中症になっちゃいますよ。

心を穏やかに夏を感じて、無理なく涼しげな夏を満喫しましょう。

ということで、今回はぼくがおすすめする自宅にいながら夏が楽しめる夏のBGMを紹介します。

仕事から帰って、ご飯を食べ、シャワーを浴びた後のその一息の時間にこれらを聴きながら冷たいドリンクなんて飲んだらもう最高ですね。金曜日ならなおさら。金曜日はいつでも最高か。

 

夏を感じるBGM

ひぐらし

www.youtube.com

キングオブ夏のエモサウンド、ひぐらし。

夏休みにいった九州の田舎のおじいちゃんの家が思い出されます。まあセミをはじめ虫あんまり好きじゃないんですけどね。

 

川のせせらぎ

www.youtube.com

夏のなのに、山のなかは少しひんやりしていて涼しい。冷たい川でスイカを冷やしたりなんかして。

 

風鈴

www.youtube.com

午前中に遊び疲れて、午後は畳でお昼寝しましょう。吹き抜ける風に揺れる風鈴の音色が心地いい子守唄に。

 

鈴虫

www.youtube.com

夏ももう終わりに近づいているんですかね。それは秋の訪れを意味します。寝るのに冷房も扇風機もいらなさそうです。

 

お祭り

www.youtube.com

夏といえばお祭りも。遠くで聞こえる祭り囃子がどこか懐かしい。

 

www.youtube.com

海は夏の定番ですよね。部屋のなかで波の音がきこえれば、そこはシーサイドのホテルに早変わり。

 

夕立

www.youtube.com

夏の風物詩といえば夕立。夕立が近づいてきたときの湿った匂いってなんとなくわかりますよね。それに雨の音って不思議と落ち着く。そういや夕立って最近はゲリラ豪雨っていう味気ない呼び方をされるようになっちゃいましたね。

 

さいごに

どれもBGMというより環境音で聞き流せるので、寝るときとか作業するときにもおすすめです。勉強するときに聞くと、夏休みの宿題やってる気分になるかも。

それに聴いてると不思議とリラックスできるので、頭や心が疲れたときや、音楽を聴くほどでもないけど何か耳に触れさせたい時(ぼくこういう時があるんですよ)にもいいと思います。

夏も始まったばかりですが、夏のBGMを聴いて、無理なく夏を感じましょう!