黙っていても朝がくる

好きなモノにかこまれて生きていきたい。そんなアラサーが身の丈にあったかっこいい人生を夢見て、コーヒーとか音楽とか、あれこれ好きなものについて語っているブログ。

黒くて硬くて鋭いもの

スポンサーリンク

ついに我が家にあいつがきた。

 

遡ること1ヶ月半くらい前に、私事ながら結婚というライフイベントをむかえた。

Facebookとかでサクっと報告してみたところ、結構いろんな人にコメントなりいいね!をもらい、SNS人生における最大瞬間風速が吹いた。メールやLINEなんかでもお祝いのメッセージをいただいたりと、大変嬉しかった。

そんななか一番古い付き合いである小学校の時の友だちたちが、結婚祝いを買ってくれると言ってくれたのだ。

最初はそんな買ってもらうだなんて恐れ多かったのだが、、バチコンと思いついてしまったのだ。ずっっと欲しかったものが。
ぼくの毎日のコーヒーライフをより楽しく、そして今後も支え続けてくれるものが。

きた

Xデーは突然だった。
当初は9月納品と聞いていたのだが、ついこの前、きた!!

IMG_8159.jpg

 熨斗までつけていただきありがとうございます。
緊張しながら豪快に包装を剥がし開けてみるとそこにはそう、

IMG_8161.jpg

みるっこ

コーヒーミルの名機、フジローヤル(富士珈機)みるっこR-220!!
家庭用でありながら業務用にも使えて、コーヒー屋さんにいくと置いてある率が最も高いのではないかというくらいの定番機材。

かわいい外見とは裏腹に、10段階のメッシュ調整とパワフルな粉砕力というギャップは、どこかの高専卒で有名なセクシー女優を彷彿とさせる。

 さっそく箱を開けてみるとそこにはピカピカのみるっこが。おうおう!

IMG_8162.jpg

ひとつひとつ丁寧に袋から出してあげて、組み立てること10秒。

かわいい。黒い。強い。

 これまでは小型のプロペラタイプの電動ミルを使用していた。しかしそれだとどうして挽き目があいまいで、ムラがでてしまったため、メッシュによる味の調整や比較ができなかった。(よくわからなかった)

これからはカッチリとみるっこさんに要求した挽き目で豆も粉砕いただき、ドリップスキルの向上にご助力いただきたいものである。(こいつが来てしまったことで、もう道具の所為にはできませんね。)
これから毎日豆を挽くのがもっと楽しみになるなあ。

ありがとうございます

 小学校からの友だちのみなさん(野口さん原さん平島さんフキノ)、本当にありがとうございます。大事に使わさせてもらいます。

 みるっこさん。あゝ、みるっこさん。みるっこさん。

これからぼくの家のキッチンで粉を撒き散らしておくれ。
(粉をうまいこと飛び散らさずに使うテクがあれば、教えてください)