黙っていても朝がくる

好きなモノにかこまれて生きていきたい。そんなアラサーが身の丈にあったかっこいい人生を夢見て、コーヒーとか音楽とか、あれこれ好きなものについて語っているブログ。

季節の変わり目には気をつけろ。ぼくの男のスキンケア方法。

スポンサーリンク

 

f:id:yuzz3104:20171114230927j:plain

 

めっきり寒くなってきました。どうも季節の変わり目に弱い男です。

 

最近ふと気づいたことがあって、男性も女性も、肌がみずみずしいと若く見えるんだな〜って思いました。

歳食った人でも肌がピチピチしてると若々しくみえるし、若くてもお疲れ肌だと暗い顔色に見えるなって。

ぼくもそうなんですけど、特に季節の変わり目って急に肌が荒れたり、吹き出物ができたりと悩ましい季節ですよね。普段肌コンディションが安定してると、その分急にくる肌荒れに一層殺意を覚えるというか、何もない日々が懐かしいというか。

そんな一瞬に季節の変化を感じるのもまた皮肉ですね。

 

 

肌荒れに悩む学生時代

ぼくも中高の時は結構肌荒れに悩むことも少なくありませんでした。

結構肌が色白のタイプなので、ニキビとかできると余計目立つし、それでいて人目をすごく気にする性格なので、わかりやすいところにニキビができようものなら、テンションが急直下して、学校に行きたくなくなるくらいでした。今思うと考えすぎですけどね。

それに追い打ちをかけるように、「鼻の下にニキビできてるよ」とか言ってくる友だちがいるんですけど、そんなん言われなくても自分が一番わかってるよ!!なんて一人憤ることも。(あれわざわざ言ってくる奴、なんなんですかね

そんな性格だったので、どこの洗顔料がいいとか、ニキビができてしまったときは何を塗るのがいいのか、とか結構調べたものでした。メンズファッション誌とか読んで。
まあそんな努力も虚しく、ポツポツとできるんですけどねヤツらは。思春期とは罪なものですね。

 

歳を重ねるに連れて

だんだんと歳をとってくると、肌荒れに悩む機会が減ってきたように思います。これも思春期を終えたからなんですかね。

なので、もしかしたらこの記事を読んでいる肌荒れに悩む学生さんがいたら、今はすこし不遇の時代を過ごしているかもしれないけど、数年後にはその悩みも解消しているかもわかりませんよ。

実際、振り返ってお肌が復調してきた要因を考えてみると、もしかしたら中高生の時のほうが夜更かしして睡眠時間が短かったり(というよりも大学生になると時間がたくさんあった)、受験のストレスから解放されたりと、年齢というよりも生活環境の改善が功を奏したのかもしれません。

よく聞きますもんね、

  • 睡眠
  • 食生活
  • ストレス

が肌トラブルの原因になりやすいって。

 

ぼくの肌ケア

とは言っても、今でもたまにはニキビもできますし油断大敵です。人目を気にする性格も健在です。なので一応肌には気をつけて生活しています。

ということで、最後に、ぼくの日々の肌ケア方法を紹介します。
つっても大した方法じゃないですが。

※肌は当然個人差があり、ぼくのやり方が他の人にはマッチしない、荒れちゃうなんてことも大いにあると思いますので、その点ご認識のほど。

洗顔

肌ケアの基本ですね。

朝は特に洗顔料とか使わず水とかお湯で洗います。
夜はお風呂で洗顔料使ったり使わなかったりです。はい、特に決めてないです。

洗顔料は無印良品の『マイルド洗顔フォーム』を使ったり。無印良品はどこでも手に入るのでよく使います。(あと風呂場にある奥さんのを拝借したり…)

 

保湿

これも肌ケアの基本ですね。

化粧水はまたまた無印良品の『化粧水 敏感肌用 しっとりタイプ』を使ってます。

たくさん入ってるので、バチャバチャ使います。もったいぶらずに存分に使います。大丈夫、無印良品なのですぐ買いに行けます。

他にもさっぱりタイプ、高保湿タイプなど種類があるので自分にマッチするのを探してみてください。

 

 

化粧水だけでなく、そのあとは保湿液も使ってます。『肌研(ハダラボ) 極潤 ヒアルロン液』です。肌研と書いて、ハダラボです。潤いを極めると書いて、極潤です。そして、ヒアルロン酸です。ヒアルロン酸がなにに効くのかはよく知りません。

けどこれはホントに少し塗り込むだけでも、プリプリになってぼくは調子いいです。ただ、つけすぎるとテカテカの下衆ヤバ夫(知らないか)みたいになります。

ちなみにこれは薬局とかスーバーとかコンビニでも買えます。詰替えもできます。

 

生活

これは今思えば特に気を使ってないです。ジャンクな食べ物大好きだし、別にスッポンとかコラーゲン鍋とか食べません。

ただ、寝落ちしちゃうときとかあると思うんですけど、お風呂にはいる気力はなくてもなるべく顔は洗って寝るようにします。これはぼくが変なところで潔癖なだけかもしれませんが、清潔にして寝るという意味では間違ってないと思います。

さいごに

紹介してみたものの、大したことじゃなかったですね。

ただ自分で書いててポイントかもと思ったのは、市販のスキンケア商品でも潤沢に使うのがいいのかもしれないですね。

高価なスキンケア商品を少しずつ使うのも、その分効果が高いのかもしれないですけど、ぼくみたいな男の雑な肌には惜しげもなく塗布してやるのがいいのかもしれません。

以上、今回の美肌を目指すブログでした。