黙っていても朝がくる

好きなモノにかこまれて生きていきたい。そんなアラサーが身の丈にあったかっこいい人生を夢見て、コーヒーとか音楽とか、あれこれ好きなものについて語っているブログ。

コーヒー屋探訪

スポンサーリンク

今週末に行ったコーヒー屋さんまとめ。夏だしコーヒー屋さんに涼みにいこう。

 lab.LABAR(代官山)

今回で2回目。

スタッフの方がやさしく、コーヒーの豆や味について説明しくてくれる。ティラミスが美味しいと聞き、 日本甘党統一候補として期待に胸を膨らませ鼻息荒く行ったが、あいにくの売り切れ。代わりに小腹がすいていたのでチーズトーストをいただいた。この時一緒に飲んだのは、Indonesia Mandheling Blue Lintongをペーパードリップで。代官山の蔦屋にデートで行った際には、近いので是非とも寄ってほしい。ちなみにぼくは代官山の蔦屋には行ったことがない。

▲画像は1度目の訪問の時の。カウンターの什器がかっこいい。 

THE LOCAL COFFEE STAND(渋谷)

渋谷駅から宮益坂を登り、青学方面に歩く途中で目に入るコーヒースタンド。内装はシンプルでいてかっこいい。渋谷Vibesを感じる。バリスタが毎月選んで仕入れた国内外のいろんなロースターのコーヒーが飲めるという、言わばコーヒーのセレクトショップ。アプリと連携してスムーズにコーヒーを受け取ることもできるという、アーバンスタイル。実際、お店にいかなくてもこちらでいろんなコーヒー屋さんのコーヒーが飲めるのはおトク。今回飲んだのは台北のロースターであるCAFÉ LULUというところのNICARAGUAのNATURALを。

▲青山通り沿いを、たまにはスタバじゃなくスペシャリティーコーヒーを片手に散歩しよう。行った時は、ドリップのイベント?をやっていた

 COUTUME青山店(青山・表参道)

コーヒー屋というとオールドアメリカンだったりバル的な雰囲気のところが多いけど、こちらはおフランス。スペシャリティコーヒーも飲めて、食事もできる。テラスがあり白を基調とした店内は青山マダムが似合う。それだけだとなかなか一人で入りにくい高級カフェーなのだが、コーヒーは豆と抽出方法が選べるということで、ぼくみたいなぼっちコーヒー修習生も足を踏み入れることができた。(ちょっと盛って書いてしまったが、たぶんフツーの人はフツーに入れる) コーヒー好きという一面を見せたい諸兄は、思いを寄せる女の子がカフェ好きなら、青山散策の休憩がてらちょっと寄ってみと自慢のコーヒーうんちくが語れちゃうかも。

この時飲んだのはたしか、ブルンジ(ブルンディ)の豆をハンドドリップで。写真は撮り忘れた。

SUNSHINE STATE ESPRESSO(蔵前)

上3つは代官山〜渋谷〜青山と山手線ウェッサイエリアだったが、うってかわってスカイツリーがそびえる下町。

駅から少し歩いた春日通り沿いにお店を構える。周囲はお世辞にもオシャレなお買い物タウンではないが、地元の人に愛されるローカルコーヒーショップという感じ。個人店の喫茶店やカフェって初めてだとちょっと入りづらい雰囲気があったりするが、こちらはフラッと入れた。店から滲み出る店主のコーヒー愛に因るものなのかも。店頭に並んでいる豆は、店主自ら焙煎したもの。豆を買うとロングブラック(エスプレッソをお湯で割ったもの)が1杯無料で飲める。なのでこの日はロングブラック(豆は「うららか」というブレンド)とプリンを。コーヒーは美味しいのはもちろん、口当たりまろやかでスーッと飲める。また一緒に食べた自家製プリンがこれまた美味しい。浅草周辺に行った時はぜひ本所まで足を伸ばしてもらいたい。

 

▲テラス席もあるので、これからの時期は外でアイスコーヒーを飲みたい

▲ドンっと撮ったわりにピントがあってないのはご愛嬌

 

 

今年は東京中の美味しいコーヒーを飲みまくるぞ。

ちなみにいまはじめて水出しアイスコーヒーに挑戦中。うまくできるといいな。