黙っていても朝がくる

好きなモノにかこまれて生きていきたい。そんなアラサーが身の丈にあったかっこいい人生を夢見て、コーヒーとか音楽とか、あれこれ好きなものについて語っているブログ。

やりたいことが多すぎて、人生の時間が足りない

スポンサーリンク

f:id:yuzz3104:20180911073248j:plain

たまに「太く短く生きたい」みたいなことを言う人がいるけど、ぼくは全然そうは思わなくって、早死するなんて御免こうむるってタイプの人間です。

ラッパーでトラックメーカー、ヒップホッププロデューサーのPUNPEEが、人生80年じゃ足りないっていう話をラジオで語ってたそうです。
※みやーんさん、いつも楽しく拝見しています。

 

PUNPEE 1000年ぐらい生きたい話を語る - miyearnZZ Labo

 

この話、めっちゃくちゃわかる。人生の時間が、足りない気がする。

 

 

やりたいことが多すぎる

ぼくももう30年も生きてきてしまい、運良く80年くらい生きれるとしても、もうすぐ折り返し地点です。

そう考えた時に、果たしてぼくはやりたいこと、やらなければいけないことをちゃんと遂行してきたのでしょうか。いや、全然足りてないし、やり残したことはたくさんありますね。

なので、このままじゃ死ねないです。死んだら後悔するし、現世に未練がありあすぎて、化けて出そうです。

 

例えば、本や映画だってもっと観たいし、自分の好きなバンドやアーティストがどうなっていくのか見届けたいし、もっとたくさんの音楽を聴きたい。

南米やアフリカにだってまだ行ったことないし、なんならまだ奥さんと海外旅行もしたこともない。海外で生活もしてみたい。お遍路だってまだ二十四番寺までだ。

もっと写真を上手く撮れるようになりたいし、自分だけのオリジナルの自転車だって組みたい。履いたことのないスニーカーもたくさんあるし、時間をかけてレザーやデニムを経年変化するのをもっと楽しみたい。

自分の子どもと実家の犬を遊ばせたいし、自分の店も持てていない。情熱大陸に密着されるような人にもなれていない。親孝行ももっとしないといけないし、人生の目標である「なにかしらで世界1位になる」も叶えられていない。

 

もうやりたいことがありすぎて、人生100年以内で足りるのか?ってすごい思います。いや足らないぞこれ。

 

人生は短いっぽい

自分でやりたいことをやれる人生って思っている以上に短いっぽい。

生まれてからだいたい中学生くらいまではまあ、親のもとで生きてますので、自分の意思でなにかをやるっていうコントロールの範囲は狭いです。

それでも高校生なったとしてもまだまだ実家ぐらしで、お金だってせいぜいアルバイトで小遣いを稼ぐくらいのもので、【自分の人生を歩んでる】とは言い難いかもですね。個人差はあるでしょうが。

となると、ホントに自分で自分の生き方を決める、やりたいことをやる人生って、アラサーのぼくでも、まだ10年くらいしか経ってないのかもしれません。けれども、もう30歳なのです。

 

寿命で考えると残りの人生は長くてもその2.5倍くらい。短いと明日にも一生を終えるかもしれない。

それに家族ができたり、病気になったりしたらその時間をフルに自分のために費やすことは難しくなるので、そうなると自分のやりたいことをやる時間ってめちゃ限られてるっぽいですね。おっと、これはマズいですね。

のんびりしてたら、さっさと人生終わっちゃいますね。怖い。

 

「やらずに死んだら後悔するか」で考える

人生は短いっぽいので、なにかを決断する時、「明日死んだら後悔するか?」を基準に考えることが多くなりました。大げさですけどね。

例えば、転職をする時、大金を使う時、物事に迷った時。

やらなかった時の後の人生を考えるんですね。いざ死ぬ時に「ああいい人生だったな」と思ってちゃんと死ねるかですね。それが叶わなさそうなら、仕事だって辞めるし、大金だって使うのです。

やりたいことは、できたら全部やりたい。やらない人生よりやりたい人生を送りたい。

 

おわりに

けれども、やりたいことを全部やるなんていうのは、当然無理なんですよね。

それでも、なるべく自分を満足させてあげたい。ぼくはやりたいことがあまりある俗物なのです。

それなら一日一日無駄にせず生きろ!って話なのですが、そこは人間なので、ついつい惰眠をむさぼって過ごしてしまったり、明日やろう(はバカ野郎)で後回しにしちゃったり、目先の欲望に目がくらんでしまうこともありますよねハハッ。生きるって難しい!

ってことで、とりあえず人生は思っている以上に短いっぽいので、後悔しない生き方をしたいと思います。

 

▼去年出たPUNPEEのアルバム、とても良いのでぜひ聴いてみてください。